【徹底比較】一戸建てとマンション 購入するならどっちがお得?

住宅を購入する際、マンションを選ぶのか、一戸建てを選ぶのかは、その人がもつ価値観や好み、ライフスタイルによって意見が分かれるところです。どちらがいいかは一概にはいえませんが、それぞれの特徴を知れば、どちらが自分に合っているのかわかるようになります。

ここでは、マンションと一戸建ての比較ポイントごとの特徴をまとめてみます。なお、新築か中古かの違いによってもメリット・デメリットが異なってくる可能性もあります。

一戸建て物件のメリデメ


ではまず、一戸建てについて見てみましょう。

一戸建ての主なメリット

  • 管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などがかからない
  • 築年数が経過しても土地部分の価値があるため、資産価値はそれなりに残る
  • 平均的には階段スペースを差し引いても一戸建てのほうが広いことが多い
  • 一戸の家としての独立性が高いので、プライバシー面で優位性がある
  • 隣家と離れているほど、騒音面で神経質になる必要がない
  • 自由に増築や建て替えができる

一戸建ての主なデメリット

  • 同じ立地条件だとマンションよりも物件価格が高くなる傾向がある
  • 将来の修繕費を自分で貯めなければならない
  • 空き巣や放火などの防犯(セキュリティ)面を意識する必要がある
  • 保温面、日照面、などで優位性に劣る場合がある

マンションのメリデメ


次に、マンションについて考えてみましょう。

マンションの主なメリット

  • 同じ立地条件だと一戸建てよりも物件価格が安い傾向にある
  • 将来の修繕計画などが比較的しっかりしている
  • 空き巣や放火などの防犯(セキュリティ)面での優位性は高い
  • 保温面、日照面、害虫面などで一戸建てよりも優位性がある場合が多い
  • 家事動線がスムーズで効率よく家事をこなすことができ、またワンフロアで暮らせるため、体への負担も少ない

マンションの主なデメリット

  • 管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などの負担が必要
  • 将来の資産価値は、立地にもよるが一戸建てに比べるとあまり期待できない
  • 騒音を出したり、出されたりした際に、一戸建てよりも気遣いなどが必要
  • 管理組合などへの参加義務がある

一戸建てとマンションを比べると・・・

一戸建て>マンション

金銭面で見ると、一戸建てのほうがマンションよりも物件価格が高くなってしまう傾向にあります。そのほかに管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などがマンションにはかかってきますが、一戸建てではかかってこないので大きなメリットといえます。もちろん、一戸建ての場合は、将来の修繕費を自分で貯めなければならないので、必ずしも一戸建てのほうが有利だと断定できませんが、それなりの優位性はあるといえるでしょう。

一戸建てもマンションも毎年、固定資産税が必要ですが、マンションでは、これに加えて毎月、管理費や修繕積立金、駐車場代などがかかります。管理費が2万円、修繕積立金が1万円、駐車場代が2万円とすると、合計5万円。年間にすれば60万円になります。しかも、修繕積立金は入居当初は低めに設定されているため、何年か後には値上がりする可能性もあるのです。十分な資産計画を立てておきたいですね。

マンション>一戸建て

マンションの場合は、防犯面や生活面でのメリットが挙げられます。カギ1本で戸締まりが簡単などの利便性だけでなく、管理人の常駐やオートロック、セキュリティ会社との契約など、防犯面ではマンションのほうが優位性は高いです。一戸建てでそれらを自分で備えようとすると、費用負担が必要になります。生活面でも、マンションの場合は管理組合への参加などが義務づけられますが、近所付き合いなどを煩わしく思わない人にとっては、近所とのコミュニティができることで精神的にも安心できる生活が可能になるでしょう。

また、一戸建ては駐車場が敷地内にあり、駐車場代が不要であることが多いです。ですが、建物に突発的な不具合が起きたときには、予想外に多額の支出を強いられることがあります
一戸建てでも毎月、積み立てることで、いざというときの負担感を減らせそうです。

一戸建てはすべて自分自身で維持管理をするので、毎月決まった金額をどこかに納める必要はありませんが、建物は年月が経つにつれて消耗していくのでリフォームが必要となりマンションより高額になります。
必要なリフォームは、家の傷み具合や暮らし方によって変わってきます。
外壁が痛んできたら外壁塗装や、水回りのリフォームなど気候に応じた対策も必要ですし、家族が増えたり、逆にお子さまが独立されたりと、生活の変化に応じて増築・減築をされる場合もあるでしょう。
あるいは築年数が経ち建て替えとなれば、解体・新築・建て替え中の仮住まいと、更地に家を建てる以上のお金が必要です。

もちろん工事内容に応じて必要な費用が変わるのはマンションも同様ですが、マンションのリフォーム工事は住戸の内部に範囲が限定されるので、おおよその費用感が掴みやすいのです。

生涯コストは、リフォームや建て替えの可能性によって変わってきます。
もし仮に大きなリフォームやリノベーションをせずに50年間住み続けるとしたら、マンションの方がコスト高ですが、増改築や建て替えの可能性を考えると、戸建ての方が上回る場合もあり得るのです。

将来的な資産価値は?

先ほどは購入時や購入後に発生する費用についての比較をさせて頂きましたが、将来の資産価値を考えた場合はどのように差が出てくるのでしょうか。

1,一戸建ての資産価値

戸建ての場合は土地と建物の所有者が同じであるため、建物が老朽化しても容易に建て替えやリフォームをすることができます。
木造の戸建て住宅である場合は経年による建物の価格下落は激しくなりますが、たとえ資産価値が無くなっても土地の資産価値が下がることにはならないため、一定の資産価値を保ち続けることができるのです。ただ土地と建物を一緒に売り出すことで売却価格が高額になるため、買い手が見つかるまでには時間がかかることもあります。

2,分譲マンションの資産価値

マンションは1戸当たりの所有土地価格がわずかなものであるため、建物の老朽化が進むと価値がどんどん下がっていってしまいます。
ブランド化されている一部のヴィンテージマンションや、近隣地域の再開発などによってマンションの価格が購入時より上がっているケースも何件かはありますが、何十年という長期間に渡って住む場合は、やはり資産価値は落ちていくことでしょう。

やや割高感のあるマンションですが、立地条件(駅から近い、勤務先に近い、など)によってはより都心部に建つことが多いマンションのほうが資産価値が高い場合もあるので、一概にどちらがよいか決められないかもしれません。

資産価値が自分の予想した以上に下がってしまうと、将来的に大きなリスクを背負うことにもなりかねません。
マンションがいいのか、一戸建てがいいのか、やはり答えは人によって違います。

自分や家族が大切にしたいことや、どんなふうに暮らしたいかを考えたときに、それが叶えられそうな家を選ぶことです。

迷っている場合はまず、譲れない条件を複数挙げて、優先順位をつけることから始めましょう。家を買うときには、まず、自分や家族が笑顔で幸せに暮らすためには何が一番大切かを考えてみることですね。

>VR体験イベント開催中!

VR体験イベント開催中!

設計図面などでは感じることが出来ない「リアルな住空間」をヘッドマウントディスプレイを使用したVRで体験していただけます。
完全予約制とさせていただきますので、メールフォームからご予約いただくか、 0263-87-9915 までお電話ください。

リフォームリノベーションに関する無料相談受付中!
雑貨やリノベに関するお得情報も配信予定!
お友達追加はこちらから▼

友だち追加