お好みのインテリアスタイル

インテリアにはいろいろなスタイルがあります。まず大切なのが、スタイルの種類を知ることです。理想の部屋を作るには自分の好きなイメージをもつことが大切です。完成どのようなスタイルにしたいか決めておくと、今後とてもやりやすくなります。

今回は、6つのインテリアスタイルをオススメしようと思います。

カントリースタイル

欧米の田舎における昔ながらの暮らしから来るスタイルで、自然に囲まれているような、素朴さとぬくもり感のあるインテリアスタイルのことです。木目が目立つような木材でもそのままにして、それを活かすようなスタイルです。
カントリースタイルには「フレンチカントリー」「ナチュラルカントリー」など、細かいテイストがあります。

アメリカンスタイル

アメリカンインテリアといっても、カジュアルからラグジュアリーまで、実に様々なテイストがあるのがアメリカンインテリアです。それらを上手に組み合わせて作るのもアメリカンインテリアの面白いところです。

北欧スタイル

北欧インテリアの特徴は何と言っても「シンプル&ナチュラル」です。
北欧テイストにはナチュラルとモダン、両方の要素が絶妙なバランスで溶け合っており、柔らかさや温かみを感じさせながらもスタイリッシュで、どんな家具にも意外と合わせやすい。
北欧の国々では家にいる時間が多いからこそ、質やデザインが良いものを選び、長く大切に使います。そのため、空間作りにも「居心地の良さ」や「温かみ」といったこだわりが多く見られます。

南欧スタイル

明るくナチュラルで、自然素材の無垢フローリングや塗壁、アールを活かしたデザインが多いです。「リゾートスタイルでありながら、どこか素朴さ」が伴い、「フランス的ながわいらしさ」が特徴的なス­タイルです。

モダンスタイル

モダンテイストとは現代的・近代的なスタイリッシュさを感じさせるのと共に、都会的でオシャレなスタイルです。シンプルなデザインのインテリアで統一された都会的なイメージです。

ヴィンテージスタイル

ヴィンテージには「年代もの」「古くて価値のある」という意味があります。ヴィンテージインテリアは名前の通り、時間を重ねた深い味わいのあるアイテムのこと。クールなイメージですが、どこか懐かしいあたたかみのある雰囲気が魅力です。

ここで挙げた以外にもまだまだありますが、今回は6つのインテリアスタイルをご紹介しました。こうしたスタイルを参考にしつつ、自分らしいインテリアにしていくオリジナルスタイルも検討してみてください。地域の特性や時代背景などを考えながら、スタイルを決めていくのもおもしろいかと思います。自分らしいインテリアスタイルを是非、見つけてみてください。

>VR体験イベント開催中!

VR体験イベント開催中!

設計図面などでは感じることが出来ない「リアルな住空間」をヘッドマウントディスプレイを使用したVRで体験していただけます。
完全予約制とさせていただきますので、メールフォームからご予約いただくか、 0263-87-9915 までお電話ください。

リフォームリノベーションに関する無料相談受付中!
雑貨やリノベに関するお得情報も配信予定!
お友達追加はこちらから▼

友だち追加