リノベーションって?リフォームとの違いや費用について解説

『リノベーション』っていったいどんなことなの?」「リフォームとは何が違うの?」というご質問をいただく事があります。
海外や都内では一般的になってきたリノベーションも長野県ではまだ浸透していないようです。

そこで今回はリノベーションを考える上で知っておきたい知識やリフォームとの違いについて解説していきます。

リフォームとリノベーション 大きな違いは?

リフォーム ⇒ 元の状態に戻す

リフォームは主に経年で劣化したり汚れた内装や家具などを新築や新品の状態に近づけるために改修する事を言う事が多いです。
お風呂やトイレ、キッチンを新しい物に取り替える、壁に空いてしまった穴を直す、クロス(壁紙)を張り替える等の部分的な改装が多くなります。
リフォームの目的は「新築の状態への回復を図り、不便を解消する」ことといえます。

リノベーション ⇒ 新しく作り替える+新しい価値を付け足す

一方リノベーションは住む人の暮らしに合わせて間取りや内装など全てをはじめから作ることで、新しい暮らしや価値を付け足す改修です。
壁を無くし広々としたLDKがほしいアイランドキッチンにしたい、など住む人の要望を叶えるための大きな改装が多くなります。

建売されている物件やマンション、中古物件はターゲットがファミリー層である事などから画一的なデザインや間取りになっていることが多く、ひとり暮らしの方向けの作りではないことも多くあります。リノベーションならそういった物件の完全作り替えも可能です。リノベーションは注文住宅といっても過言ではないでしょう。
リノベーションの目的は「新しい価値をつけたし、生活をより楽しくする」ことといえます。

しかし・・・

実はこの二つに明確な違いはありません。リフォームを謳っている企業が他社で言うリノベーションを取り扱っていることもよくあります。

たとえば部屋の間取りを3LDKから4LDKに変える様な工事は『リノベーション』として扱われる事が多いですが、クロス(壁紙)を白色から黒色にするというのはリノベーションでは無くリフォームとして扱う企業もあります。
つまり、リフォーム会社だからリノベーションが出来ない、リノベーション会社だからリフォームは出来ないということはないのです。
ただし、それぞれの企業でご提供出来る価値が違いますので、その企業がリフォームとリノベーションのどちらに強みを持っているかを見比べておく事が大切です。

リフォームとリノベーション メリットとデメリット

「不便を解消する」リフォームと「新しい価値を付け足す」リノベーションでは、はたしてどちらがより良いのでしょうか。

リフォームのメリット

①工事にかかる費用が安く抑えることが出来る可能性が高い

比較的新しい物件の場合、大規模な工事は行う必要が少ないため、比較的安価に改修する事が出来ます。
ただし、築20年以上の物件の場合、根本的な修復を必要とする可能性もあるため、どんな物件でも安価であるとは言えません。

②完成後の生活が大幅に変化しない(想像しやすい)

主に元に戻すことが目的のリフォームでは、間取りの変更や配置してある物のサイズの変更が少ないため、大きく変化する部分はありません。

③工事の期間を短くすることが出来る。

大規模改修を行う必要が無いため、工事期間を短くすることが出来ます。そのため引っ越しまでの期間を短くすることが出来ます。
現在お住まいの住宅の場合は、一部使用できない部分はありますが、それ以外は使用できるため、そのまま暮らしていただく事も可能です。

リフォームのデメリット

①間取りの変更はむずかしい

基本的に「元に戻す」ことが目的のため、新しい部屋を作ったり、壁を無くして広々としてLDKにするといった改修を行う事は出来ません。

②住宅全体の劣化や強度の確認は行う事が難しい

キッチンや風呂、トイレなど一部の改修がメインとなるため、その住宅全体の劣化の状態の確認を行う事は出来ません。

リノベーションのメリット

①全てを自由に作る事が出来る

お部屋の間取りやキッチンなどの場所、設備機器やデザインなど・・・。どんな物も全てを住む人の暮らしに併せてデザインできます。

②資産としての価値が上がる

住宅としての建物の資産価値は20~30年でほとんど無くなるほど下がります。リフォームでは資産価値を上げることが難しいですが、リノベーションなら建物としての資産価値を上げることも可能です。

③購入する物件の条件が広がる

新たな物件を購入する方に限りますが、かなり条件を広げることが出来ます。
たとえば、駅前などの好立地物件や人気エリアの物件などは築年数がかなり経過している可能性が高いため、リフォームして住むには難しい場合がほとんどです。リノベーションであれば、劣化等も全て改修する事ができるためそういった物件も選択肢に入れる事が出来ます。

リノベーションのデメリット

①工事費用が高くなってしまう可能性が高い

リノベーションの規模にもよりますが、建物をスケルトン(柱や梁のみの状態)にして新しく作る場合はかなりの大規模改修になるため工事費用が高くなってしまいます。

②想定外の工事や費用

柱や配管がすでにぼろぼろなど・・・。壁などを解体して始めてわかる想定外もしばしばあります。その場合は追加工事やプラン自体の変更などが起こる可能性もあります。

③工事期間が長くなりがち

工事が大規模になりがちで、建物の解体なども行う事があるリノベーションは、部分リフォームに比べて工期が長くなりがちです。フルリノベーションの場合は2ヶ月~3ヶ月、もっと大規模な場合は半年かかる可能性もあります。

リフォーム&リノベーション メリデメの比較表

比較対象 リフォーム リノベーション
費用 ○安い △高い
間取り △不自由 ○自由
工期 ○短い △長い
資産価値 ×低い ○高い

リノベーションの費用は?

行う工事の規模によりピンキリです。フルリノベーションの場合、1㎡単価が8~18万円と言われていますが、建物の構造や状態により大幅に変わります。
工事業者にしっかりとした見積もりを出してもらい、何にいくらかけているかをしっかりと把握することが大事です。

具体的な費用が知りたい場合はお問い合わせください。【お見積もり無料】
また、RENOAZなら予算に合ったリノベーション提案(+物件提案)をさせていただくことも可能です。

中古物件×リノベーションがオススメ

全国に展開しているリノベ不動産では「中古物件購入×リノベーション」をご提案しております。
中古物件は立地や広さがよいにもかかわらず安く売りに出されていることが多いです。中古物件×リノベーションの場合、総費用は同じなのに良い立地で思い通りの暮らしが出来ます。
ここではリノベ不動産の参考事例をご紹介します。

①家族のための書斎

静かで自分だけの閉ざされている空間というイメージのある書斎を、あえてリビングに持ってきました。

もっと詳しく⇒

②新しくても、ヴィンテージ。

ヴィンテージ感のある雰囲気を醸し出すために、全体的に落ち着いた色味を用いました。

もっと詳しく⇒

③働く大人のための家

単身住まいでもSOHOでも使えるように。この物件は、そんな使われ方を狙って設計したものです。

もっと詳しく⇒

ほんとうのワクワクは住んでからがスタート!

物件購入やリフォーム・リノベーションはこれからの暮らしをよくするための手段です。
「どんな家に暮らしたいか」「どんなライフスタイルが理想か」「誰とどのように暮らすのか」などを考えた上で、リフォームやリノベーション、新築の購入、建て替え等を検討して見てください。

RENOAZのワンストップソリューション
資金計画から物件探し、設計施工、インテリア提案までまるっとお手伝いします!
リフォームやリノベーション、物件購入のお困りの際はお問い合わせください。
リノベ不動産×RENOAZについて
>VR体験イベント開催中!

VR体験イベント開催中!

設計図面などでは感じることが出来ない「リアルな住空間」をヘッドマウントディスプレイを使用したVRで体験していただけます。
完全予約制とさせていただきますので、メールフォームからご予約いただくか、 0263-87-9915 までお電話ください。

リフォームリノベーションに関する無料相談受付中!
雑貨やリノベに関するお得情報も配信予定!
お友達追加はこちらから▼

友だち追加